韓経:サムスンギャラクシーS7、興行に青信号…米国・欧州ITメディア「好評」

  • 2016年3月17日

11日、世界の主要市場で販売を始めたサムスン電子のスマートフォンの新製品「ギャラクシーS7」と「ギャラクシーS7エッジ」の興行に青信号がついた。外信の好評と共に以前の製品よりも高い予約販売量を記録している。

米国情報技術(IT)専門メディアのThe Vergeは15日(現地時間)、「ギャラクシーS6が良い(good)製品ならば、ギャラクシーS7は最高(great)の製品」としながら「サムスン電子は世界最大で最高のスマートフォンメーカー」と報道した。さらに「今日ほとんどのスマートフォンデザインがアップルのコピーに汲々としていたが、サムスン電子だけが独創的なデザインを披露した」と評価した。

ギャラクシーS7シリーズは英国のテックレーダー(TechRadar)やスタッフ(Stuff)、フランスの01ネットやLes Numeriquesl、ドイツのConnectなど欧州IT専門メディアが最近行ったレビューで全て満点を取った。

テックレーダーは「ギャラクシーS7エッジは現存するスマートフォンの中で最高の製品」と言及した。スタッフも「ギャラクシーS7エッジは本当に魅惑的なスマートフォン」と伝えた。

サムスン電子の幹部関係者は「ギャラクシーS6の市販初期時は国内の反応が熱かったが今度は海外での人気がもっと高い」と話した。

好評は販売につながっている。サムスン電子は「先月21日から今月10日まで米国と欧州でギャラクシーS7とギャラクシーS7エッジの予約販売量が以前の製品であるギャラクシーS6シリーズよりも2.5倍以上多かった」と前日発表した。欧州ではこれまでに市販した歴代ギャラクシースマートフォンシリーズの中で予約販売量が最も多かった。