韓経:【社説】政治過剰に経済窒息状態、結局は市場の復讐招く=韓国

  • 2016年3月1日

韓国銀行で昨日発表した2月の製造業BSI(企業景気実体調査指数)は63で、2009年3月以降6年11カ月ぶりの最低値を記録した。MERS時期だった昨年6月よりも低いという。企業の体感景気が悪化の一途にある。企業らのBSIだけではない。消費者心理指数も3カ月連続で下落傾向を見せている。韓国経済に対する企業家と消費者の不安心理が最悪の状況に向かっているのだ。

外国人投資者たちも韓国の債券を売るなど「セールコリア」だ。外国人は保有する韓国債券の5%を最近になって売ったという。ウォンの価値も暴落傾向だ。為替レートは昨日1ドル=1236.70ウォンとウォン安が続いている。世界でも南米の一部の国を除けば最も早く通貨安となっている。単純な無力感だけでもない。鉄鋼や船舶・造船など主力産業が揺らぎ、新たな成長動力は五里霧中だ。不良企業の整理は政府の公言とは違い、音沙汰もない。国会は麻痺し、改革は空回りしている。総体的な危機の局面だ。政界はこの総体的難局を解決しようと努力するどころか総選挙での得票の可能性、すなわち政派的な有不利でのみ認識している状況だ。約20年前の1997年通貨危機当時と全く変わらない。

総体的危機だとみれば明確な解決法もない。「経済民主化!」「同伴成長!」「OO保護!」「OO育成!」など経済原理を歪曲する政治スローガンが経済を抑えつけてきた数年間のミスがもたらした結果だ。結局「バカが、問題は政治!」が幅をきかせている状況だ。政界は言葉どおり市場を捨ててきた。特に第19代国会はこのような政治スローガンであふれ出た。ポピュリズムのスローガンではない各種の経済政策は徹底して敬遠され国会を通過できなかった。

何よりも経済民主化の弊害は深刻だった。これらは市場こそが資本家の貪欲と利己心を飼い慣らして統制するメカニズムだという事実を知ることができなかった。市場の取引関係を略奪だと解釈し、社会的葛藤だけを深刻化させた。第19代国会であらゆる規制悪法が乱発され、好き勝手に法案が作られた。彼らは路地商圏を生かすと言って流通革新を阻止した。中小企業の適合業種を前面に出して産業発展を妨げ、それさえも外国企業の懐だけを肥やした。企業家は破廉恥犯に追い込まれ、そうやって市場の自由は死んだ。

もともと労働改革法案でも「ワンショット法」(企業活力向上のための特別法)はぼろぼろになってしまい、サービス産業活性化法はいまだ通過していない。医療民営化は水の泡になり、教育政策も行く道を失った。いったい韓国経済がどこへ行くのか誰も分からないという恐れだけが現実を支配している。企業の投資意欲はそがれ、企業家は方向を見失った。時代錯誤的な理念は結局のところ市場の残酷な復讐を呼び起こす構えだ。市場の復讐は企業を滅ぼし、私たちの人生を破壊する。危機が訪れたが、危機感知器は消えている。