韓経:韓国、日本・ドイツ抜いて3年連続「革新指数」1位だと?

  • 2016年1月21日

ブルームバーグ通信は、「2016ブルームバーグ革新指数(Innovation Index)」調査で韓国が総点91.31点を得て約200カ国の調査対象国の中で1位になったと19日(現地時間)報道した。韓国は2014年から3年連続で1位となった。

ドイツが85.54点を得て2位に上がり、スウェーデン(85.21)、日本(85.07)、スイス(84.96)などが後に続いた。シンガポール(84.54)、フィンランド(83.80)米国(82.84)、デンマーク(81.40)、フランス(80.39)なども10位圏内に入った。上位10カ国中3カ国がアジア、6カ国が欧州だった。

韓国は「製造業の付加価値」と「高等教育の効率」の2部門で1位になった。「研究開発(R&D)強度」「先端技術の集中度」「特許活動」では2位となった。「研究員の集中度」は6位だった。一方、生産性部門では39位と評価されて下位圏にとどまった。東欧の開発途上国であるスロバキア(38位)、エストニア(34位)などにも遅れをとった。

米国ワシントンにあるピーターソン国際経済研究所のマーカス・ノーランド副所長は「韓国は、新技術の開発や世界的な技術者養成に多くの資金を投じている」として「低賃金の中国と、技術的にさらに発展した日本の間に挟まって現在の水準を維持しなければならないという不安感と切迫感を持っているため」と説明した。ノーランド副所長はしかし「韓国は賃金が在職期間や年功序列などによって決定され、年金の移動性も低い」として「企業と産業間の人材移動が少ないのは革新分野の競争力を阻害する要因」と指摘した。

主要2カ国(G2)の1つである中国は21位(72.12点)と調査された。ウェルズ・ファーゴ証券エコノミストのジェイ・ブライスン氏は「開発途上国である中国にふさわしい順位」として「中国の技術はほとんどが自ら開発したものではなく外国の技術をコピーしたものであるため」と話した。