世界に輸出する韓国の警察システムと装備(1)

  • 2015年6月25日

今年4月グアテマラに派遣されたホン・ソンジン警査(治安専門家)が現地の警察官に国内のデジタルフォレンジック(インターネット・モバイルデータ分析を通した捜査)技術を伝授している。

「『K-コップ・ウェーブ(K-cop wave:韓国警察の波)』、韓国治安システムが新たな輸出分野に浮上している」。英国の経済週刊誌エコノミストは最新号でこのような題名の記事を載せた。

警察産業に韓流の風が吹いている。韓国の警察システムと装備の優秀性が海外に知られながら企業の輸出につながっているのだ。南太平洋の島国パプアニューギニアは最近、大宇(デウ)インターナショナルに警察通信網の構築を依頼した。パプアニューギニアの警察の近代化事業の一環として事業費は4000万ドル(約440億ウォン)規模だ。2013年に治安部長官を韓国に招いて国産の警察装備・システムの優秀性を広報した警察庁のサイド支援が一役買った。

エコノミストは「K-POPが人気を呼んだ後、韓国の歌手が世界を回って公演するように1000人近い韓国の警察官が2005年から69カ国に派遣され、韓国の警察システムを広げている」として「専門家たちはアラブ首長国連邦(UAE)やオマーンなどではデモ鎮圧の方法を教え、グアテマラではサイバー犯罪対応の要領を教育している」と報道した。警察庁が進めている「招待研修事業」の成果を報道したのだ。

今年スタートした治安韓流センターに対する楽観的な展望も出した。「治安韓流拡散のために警察庁は今後4年間で関連予算を事業初期に比べ5倍に増えた2000万ドルに拡大する予定」としながら「2018年までに300人の韓国警察が海外に派遣される」と伝えた。

韓流の風は現場でも感じとることができた。先月末、江原道原州市(カンウォンド・ウォンジュシ)で開かれた「2015国際科学捜査博覧会」の警察庁ブース前で会ったサウジアラビアのカリード・ザベル保健婦法医学センター長は、韓国警察の装備に高い関心を見せた。彼は「韓国警察の高い水準の捜査技術に驚いた」として「すでに韓国との協力関係を構築しているが、機会があればより多くの技術を伝授してほしい」と話した。