韓国、「ビジネス環境」33位…規制透明なデンマークが2年連続1位

  • 2015年12月18日

米国経済専門誌「フォーブス」が16日(現地時間)に発表した「2015年ビジネス環境ランキング」で、韓国は昨年より順位が1つ低い33位となった。

デンマークが2年連続で1位だった。フォーブスは144カ国を財産権、革新、税金、技術、腐敗、官僚主義、投資家保護、株式市場実績など11の指標で評価し、順位をつけた。

デンマークは金融の自由がよく保障され、腐敗の程度が低く、規制が透明な国と評価された。ニュージーランドは規制が透明で安定した企業活動を保障するという点が評価され、2位になった。ニュージーランドは2012年に1位になるなど上位を維持している。続いてノルウェー、アイルランド、スウェーデンが3-5位だった。

世界最大の経済大国の米国は6年連続で順位が落ち、22位となった。米国は2009年に2位だったが、グローバル金融危機以降に各種規制が導入され、ビジネス環境が悪化した。世界2位の経済大国の中国は3つ上がったが94位。ドイツは2つ上がった18位、日本は3つ上がった23位と評価された。

アジアではシンガポールの8位が最も高く、香港(11位)、台湾(21位)が後に続いた。