気力取り戻したパナソニック、2017年にOLEDテレビ発売

  • 2015年11月20日

パナソニックが2017年に日本市場でOLEDテレビを発売する。19日、日本経済新聞が報じた。事業再編で気力を取り戻したパナソニックが高級家電市場の攻略を再開しているという分析が出ている。

同紙によると、パナソニックはLGディスプレイからOLEDパネルの供給を受けて独自の画像処理技術を適用してテレビを生産する計画だ。販売されるOLEDテレビは65インチで、価格は100万円を越えない見込みだ。パナソニックは、超高画質(UHD)LCDテレビより3~4倍程価格は高いものの、富裕層を中心に需要が拡大すると見ていると同紙は伝えた。

現在、日本市場ではLG電子だけがOLEDテレビを販売している。昨年、世界市場におけるOLED販売量は計7万5000台で、計2億台のLCDテレビより普及が遅れている。

パナソニックはOLEDテレビの他に超高画質LCDテレビモデルを最大50%ほど増やし、2018年には日本国内のテレビ販売量を2014年の倍にあたる250万台規模に増やす計画だと同紙は伝えた。