韓米日露の6カ国協議首席代表、ソウルで連続協議

  • 2015年10月27日

韓国外交部は26日、韓国側の6カ国協議首席代表である黄浚局(ファン・ジュングク)韓半島(朝鮮半島)平和交渉本部長が27・28日の2日間にかけて米国・日本・ロシア側の6カ国協議首席代表とソウルで相次いで協議を行うと明らかにした。27~29日の北東アジア平和協力フォーラムと28日の北東アジア平和協力構想政府間高官級協議会を機に米日露の6カ国協議代表が訪韓したことに伴ったものだ。

協議には米国側の首席代表であるソン・キム国務省東アジア太平洋副次官補兼対北朝鮮政策特別代表と日本側の首席代表である外務省の石兼公博アジア大洋州局長、ロシア側の首席代表であるイーゴリ・モルグロフ外交部次官が参加する。前任の伊原純一局長の後任として最近任命された石兼局長は、黄本部長との挨拶を兼ねた初めての協議を行う定だ。