「IMF準備通貨に人民元の採用確定的」

  • 2015年10月27日

中国の人民元が国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)と呼ばれる準備通貨に含まれる見通しだ。

日本経済新聞はIMFが来月下旬に理事会を開いて人民元をドル・ユーロ・ポンド・日本円に続き第5の準備通貨としてSDR構成通貨に採用するとの方針を固めたと26日報道した。

この新聞は中国が世界第2位の経済大国に浮上しながら貿易規模と人民元取引が拡大しており、中国当局の金融自由化の努力に対してIMF内部である程度評価する声が高まったことが採用方針の背景だと分析した。IMFが来月、人民元のSDR入りの決定を下せば、準備期間を経て来年秋には実際の編入が可能だと日本経済新聞は展望した。

2016年に主要20カ国(G20)議長国をつとめる中国は人民元の地位強化のためにこれまで各国にSDR入りの支持を要請してきた。人民元の編入はIMF理事会で総議決権の70%以上の支持を得なければならない。英国など欧州諸国の大部分は人民元のSDR入りを支持し、慎重な姿勢だった米国と日本も「IMFの基準を満たせば支持する」との立場をIMF側に伝えたとこの新聞は報道した。