韓国、「金融理解力」で国際平均以下

  • 2015年10月19日

韓国金融消費者の金融知識レベルを表す「金融理解力(financial literacy)」が国際平均に達しないという調査結果が出た。

金融研究院が18日、国内金融消費者の金融理解度テストを実施した結果、正解率は63.0%となり、国際平均正解率(65.8%)に達しなかった。

金融研究院は経済協力開発機構(OECD)が進行する金融理解力国際比較テスト質問項目を活用し、この調査を実施した。今回の調査は「100万ウォン(約10万円)を年利率2%の貯蓄性預金に入れ、追加入出金がない場合、1年後にいくらが残っているか」など5つの質問項目で構成された。

大学生の平均点数は3.9点と比較的高かった。しかし会社員10年目は3.3点、20年目は3.0点と、高齢になるほど点数が低くなった。