現代車、ハイブリッド車を来年から販売…「プリウス」と一勝負

  • 2015年9月30日

現代(ヒョンデ)自動車がハイブリッド専用モデルを来年初めに出すことを決めた。

現代車は準中型の親環境専用モデルであるAE(プロジェクト名)を来年初めに発売すると29日発表した。当初は年内に出す予定だったが、来年に延期された。

AEはアバンテを基盤とした5ドアハッチバック型だ。4気筒1.6リットルのガソリンエンジンと電気モーターを結合してハイブリッド専用変速機を組み合わせる方式だ。

世界的ベストセラー親環境車であるトヨタの「プリウス」をねらったモデルという説明だ。業界ではAEの1リットルあたりの燃費が20キロを超えると予想している。

現代車は親環境車市場の拡大を加速化させている。7月にはプラグインハイブリッド(PHEV)が追加された2016年型ソナタを発売した。

PHEVモデルはハイブリッドカーに外部充電システムを適用してEV(電気)モードとHEV(ハイブリッド)モードでいずれも走行可能なようにつくられた親環境車両だ。ソナタPHEVは外部充電によってバッテリーをフルチャージした後、44キロをモーターだけで走行できる。

渋滞の激しい都心ではモーターで走行して高速走行が可能な道路ではエンジンを主動力として使うHEVモードで走る。ソナタPHEVの燃費はHEVモードでリッター17.2キロ、EVモードでは4.6キロ毎ワット時だ。