<韓・ASEAN>韓・ベトナムFTA妥結…車・家電輸出増える見込み

  • 2014年12月11日

朴大統領とグエン・タン・ズン・ベトナム首相が10日、釜山海雲台区のホテルで開かれた韓・ベトナム首脳会談で握手している。両国首脳はこの日、FTA妥結を宣言した。(写真提供=韓国経済新聞社)

韓・ベトナム自由貿易協定(FTA)が10日、妥結した。2012年8月に交渉を始めてから2年4カ月ぶりだ。韓国は乗用車、家電製品、化粧品などのベトナム輸出市場が追加で開放され、これら品目の関税引き下げによる恩恵が予想される。

朴槿恵(パク・クネ)大統領はこの日、韓・ASEAN(東南アジア諸国連合)特別首脳会議を控え、釜山でベトナムのグエン・タン・ズン首相と首脳会談し、両国FTAの実質妥結を宣言した。

ベトナムは昨年を基準に韓国の9番目の貿易国であり4番目の投資対象国。今回のFTA妥結で、これまで市場開放対象から除外された乗用車(3000cc以上)、自動車部品、冷蔵庫など495品目の関税が追加で引き下げられる。コメは開放対象から除外された。

政府関係者は「FTAが発効すれば、韓米FTA、韓中FTAの次に波及効果が大きい」と述べた。