<韓・ASEAN>朴大統領「朝鮮半島統一はアジアの平和の踏み台」

  • 2014年12月11日

朴槿恵(パク・クネ)大統領は10日、「北が核を放棄して国際社会の責任ある一員となり、韓半島(朝鮮半島)に平和が定着し、統一の道に進むうえで、ASEAN(東南アジア諸国連合)国家が大きな役割をすると期待する」と述べた。

朴大統領はASEAN10カ国のメディアに寄稿し、「韓半島の平和と統一は東アジアの共同平和を達成するうえで重要な踏み台であり要件」とし、このように強調した。また「ASEAN各国は韓国の歴史的な傷をよく理解してきたし、韓国とも北朝鮮とも外交関係を結んでいるだけに、韓半島の平和と統一過程で大きな力になるだろう」と話した。