韓経:韓日米、来週安保高官級協議…バイデン政権の北朝鮮政策を調整

  • 2021年3月25日

韓日米の3カ国がバイデン米政権の北朝鮮政策を調整するため来週、米ワシントンで安全保障ラインの高官級協議を開く。

ロイター通信によると、米当局者は24日、「バイデン政権の北朝鮮政策が完成段階に入った」とし「同盟国との最終調整レベルで米韓日協議を開くことにした」と明らかにした。

今回の協議には青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)の徐薫(ソ・フン)国家安保室長、とジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)、北村滋国家安全保障局長が出席すると予想される。

1月に発足したバイデン政権は、トランプ前政権が北朝鮮の核兵器開発を事実上放置したとみて、新しい北朝鮮接近戦略を検討してきた。

この当局者は「外交を通じて北朝鮮の核問題を解決するという立場に変わりはない」とし「北朝鮮との対話の窓はずっと開かれている」と述べた。

米国務省報道官室はこの日、「新しい北朝鮮政策に北朝鮮人権問題が含まれている」とし「対外政策の中心に人権を置く」と説明した。