韓経:韓国で販売の98%がハイブリッド車だが…レクサスに「直撃弾」

  • 2021年3月5日

韓国政府がハイブリッド車(HEV)をエコカーから除外すれば、自動車業界に少なからず影響を及ぼす見通しだ。トヨタの高級ブランド「レクサス」は昨年の韓国国内での販売の約98%がハイブリッド車であり、打撃が大きいと予想される。

業界によると、韓国自動車企業のうちハイブリッド車を生産・販売しているのは現代自動車と起亜だけだ。昨年、国内で12万7996台を販売し、エコカー市場を牽引した。前年比68.5%増で、全体のエコカー販売に占める比率は77.6%に高まった。ツーソン、グレンジャー、ソレントなど新型ハイブリッド車が好調だった。

業界は政府がエコカーの範囲を縮小しても現代車・起亜に及ぼす影響は大きくないとみている。両社はすでに電気自動車に方向転換しているからだ。先月、事前契約を始めたアイオニック5が旋風を起こし、速いペースでハイブリッド車から置き換わると予想される。起亜は7月に電気自動車CV(プロジェクト名)を出す。来年はアイオニック6も登場する。

政策の変更は輸入車業界に大きな影響を及ぼす見込みだ。最近、輸入車企業のハイブリッド車販売が増えているからだ。昨年の販売台数は3万5988台で、前年比57.5%増えた。

輸入車ではトヨタが最も大きな影響を受けるとみられる。レクサスは昨年、韓国での販売台数(8911台)のうち98.3%(8758台)がハイブリッド車だった。輸入ハイブリッド車1位のES 300hが半分以上だった。トヨタのRAV4 HEVも昨年2041台売れた。しかしレクサスとトヨタにはこれに代わる電気自動車がない。

業界関係者は「レクサスとトヨタは2019年、日本の輸出規制による韓国国内の不買運動の余波で販売が大幅に減った状況であり、さらに大きな危機を迎えることになった」と話した。昨年、レクサスとトヨタの韓国国内販売台数は前年比でそれぞれ27.2%減、42.0%減だった。

業界は、韓国政府のエコカー政策変更でグローバル電気自動車1位のテスラとハイブリッド車1位のトヨタが大きな影響を受けるとみている。今年に入って9000万ウォン(約860万円)以上の電気自動車には補助金をなくし、6000万-9000万ウォンには補助金を半分だけ支給することにしたのは、テスラに少なからず打撃となる見込みだ。環境部側は「無公害車の普及拡大のためにいくつかの案を検討中」とし「特定企業の有利・不利のための政策ではない」と説明した。